サイト名

種々の技術の統合・システム化・産業化に異分野協働で取り組める
能力・リーダーシップを兼ね備えた機械系技術者を育成します

トップ > 教育 > 機械工学・システムデザイン学科(学部)

機械工学・システムデザイン学科における教育

機械工学・システムデザイン学教育プログラム

 機械工学・システムデザイン学科における教育は、埼玉大学全体で行われる教養教育と機械工学・システムデザイン学科で行われる専門教育科目に分かれます。 教養教育に関連した科目には、教養教育科目、副専攻プログラム科目、 及びテーマ教育プログラム科目があり、いずれも履修することができます。

 教養教育に関する詳しい情報は埼玉大学のホームページに掲載されています。

教育目的

 機械工学・システムデザイン学科は産業界の広い範囲に関わる基盤的役割を担ってきています。このため、多方面の産業分野から人材を供給することが求められており、今後もこの傾向は続いていくものと予想されます。
 このような観点から、本学科卒業生に求められる素養も多方面に渡っており、物理学や数学などの基礎的な知識をその根底におき、その上に機械工学の各分野を構築し、最終的には種々の機械を設計・製造する能力を獲得することが求められています。
 また、近年では情報機器の発展や情報環境の整備に伴って、情報手段を使いこなす能力も求められるようになってきています。以上の点から、本学科では次のような人材を育成することを教育目的としています。

学習目標

 下記に示す学習・教育目標を設定し、技術者に必要な能力を身につけさせるとともに、それの修得の過程において目標を明確に持ち、基礎学力と応用力を高めるための認識を持たせ、自主的な学習を促し、継続的かつ計画的に学習を行うことによって、その能力を修得させます。

(A)工学一般の基礎的知識の徹底的な理解

(B)機械工学・システムデザイン学の基礎的知識の修得とそれを応用・総合する能力

(C)社会における役割の認識と職業倫理の理解

(D)表現能力の修得

(E)課題設定・自己解決能力および独創的な思考力の獲得

専門教育科目の教育の流れ

 機械工学・システムデザイン学科における教育は、大学全体で行われる基盤科目および外国語科目と、工学部初年次科目、機械工学科で行われる専門科目に分かれます。それぞれの授業科目に関する詳しい情報は、埼玉大学のホームページに掲載されています。

参考資料

シラバス

機械工学・システムデザイン学教育プログラムのシラバス
(工学部のシラバスのページにリンクしています。)

研究室一覧

機械工学コース

メカノロボット工学コース

関連リンク

ページのトップへ戻る